北九州市若松区 Wakamatsu 

 風力発電機(響灘)
かつては日本一の石炭集積港として栄えた若松は、今日では、響灘埋立地への工場誘致や久岐の浜ニュータウン開発などをはじめ、エコタウンとしても新しく生まれ変わろうとしています。
■地域情報リンク
若松区役所のホームページ
このページのTOPへ
 福岡県中間市 Nakama 

 垣生公園(はぶこうえん)
明治時代から昭和30年代にかけて「炭鉱のまち」として栄えた中間市は、現在では、「人にやさしい愛のまち なかま」をテーマに、各種福祉事業にも力を入れています。
■地域情報リンク
中間市役所のホームページ
このページのTOPへ
 福岡県遠賀郡芦屋町 Ashiya 

 芦屋霰地真形釜(しんなりがま)
北九州都市圏の海洋レジャータウンともなっている芦屋町は、現在は、「歴史を守り、海と緑を活かしひとが育つまちをめざして」をテーマに、自然・文化・産業・人を活用したまちづくりを総合的に推進しています。
■地域情報リンク
芦屋町役場のホームページ
このページのTOPへ
 福岡県遠賀郡水巻町 Mizumaki 

 (町花)コスモス
縄文・弥生式の遺跡が発見されるなど、古来から肥沃な土地に恵まれた水巻町は、現在、「ブロッサム!みずまき」を合い言葉に、炭坑跡地の再開発などを積極的に進めています。
■地域情報リンク
水巻町役場のホームページ
このページのTOPへ
 福岡県遠賀郡岡垣町 Okagaki 

 三里松原
「海がめもかえる町」をキャッチフレーズとしている岡垣町では、「人と自然のやさしいハーモニー」を宣言し、恵まれた自然環境を大切にした新しい町づくりを目指しています。
■地域情報リンク
岡垣町役場のホームページ
このページのTOPへ
 福岡県遠賀郡遠賀町 Onga 

 ふれあいの里
遠賀町では古くから農耕文化が栄え、現在でも稲作を中心に施設園芸も行なわれています。近年は宅地開発が進み、人口も町政施行時の約2倍になるなど発展を続けています。
■地域情報リンク
遠賀町役場のホームページ
このページのTOPへ